プラントを安全に稼働させるために必須の定修という業務!!


初めて聞いた!?定修って何?

プラントには定修という業務があります。プラントに勤務したことがない人にとっては耳慣れない言葉かもしれませんが、定期修理を略したものです。語感だけで何となく意味は分かりそうですが、非常に重要な業務であり、定修なしでプラントを安全に稼働させられることは考えられません。日々の生活に必要な電気やガスなどのエネルギー、工業製品が滞りなく流通されているのも、定修によってプラントの安全が確保されているからなのです。

具体的には劣化した部品の交換や、薬品などを使用して設備内に溜まったひどい汚れを落としたりします。溶接や切断などの作業もあるので、外部の専門の業者が行うのが一般的です。

激務でも魅力のある施工管理!!

定修には多くの業者が介入するため、工事全体を管理して現場の指揮をとる施工管理者が必要になります。現場の仕事以外にデスクワークも必要な施工管理の仕事は多忙をきわめ、工事依頼主への対応もしなければなりません。激務なうえに多くの人の板挟みにもなるので、かなりのストレスを感じる人もいるでしょう。

しかしその反面、人手不足が深刻化している業界でもあるため、売り手市場だともいえます。今後も安定して需要が発生することが見込まれるため、長く働き続き続けることができるでしょう。

施工管理の仕事を始めるには!?

求人数が豊富で、求人倍率も高い状態が続いているのが施工管理の仕事です。未経験者歓迎の求人が多く、経験者であれば年齢不問で募集しているところもたくさんあります。どんなインフラに携わりたいかをよく考え、興味のある分野の求人に応募すると良いでしょう。

定修を行うことでプラントの安全な稼働を可能にし、急なトラブルや故障を防いでランニングコストの上昇を抑制しています。