トラックドライバーの仕事選びで気を付けたいことは


長距離の仕事を始める時は労働時間や休日の日数に注目

トラックドライバーの仕事は、職種や勤め先の事業内容によりますが、免許を取得してからすぐに働きやすいことや、採用時に年齢がハンデにならないといったメリットがあります。そうした中、長距離のトラックドライバーの仕事に興味がある人は、就職活動中に基本給や手当、ボーナスなど収入に関することだけでなく、毎日の労働時間や休日の日数についてよく確認する必要があります。例えば、ドライバーの在籍数が少ない事業所においては、少人数のドライバーが連続で長時間の勤務を担当したり、夜間や早朝の勤務の回数が多くなったりするケースが見られます。また、道路が渋滞しやすい曜日や時期は、休憩時間や仮眠時間が確保できるかどうかじっくりと見極めをすることが大切です。

長時間残業や転勤が少ない短距離の求人もチェック

馴染みのある地域でトラックドライバーの仕事を長く続けたい人は、長時間残業や転勤の機会が少ない短距離のドライバーの求人を優先的に選ぶのがおすすめです。例えば、地域に密着した小規模の運送会社や物流会社の中には、繁忙期を除き定時に仕事が終わるところや、正社員でも原則として転勤がないところが少なくありません。最近では、女性や中高年者など体力面に不安がある人のため、短時間働けるパートやアルバイトの短距離のトラックドライバーの求人を募集する事業所も増えています。そこで、トラックドライバーの仕事に興味はある人は、長距離ばかりでなく短距離の求人にも目を向けるのがポイントです。なお、短距離のトラックドライバーとしてしっかりと稼ぎたい人は、基本給や手当の面で長期勤続のドライバーを優遇しているところや、毎年の定期昇給があるところを就職先の候補に入れることが肝心です。

トラックドライバーの求人は、仕事で運転する車両の種類によりますが、運転免許があれば実務経験が無くてもすぐに採用してもらえるケースが多くあります。