期間工の電話面接の不安を解消!電話での面接のメリットやデメリット


期間工の求人には電話面接有りのところも!

高収入で寮の住まいも提供される、そんな待遇の良い期間工の仕事に興味を持っている人も多いのではないでしょうか?しかし、遠隔地の場所で求人が応募されているケースも多いため、どうやって応募するのかと気になっている人もいるかもしれません。期間工の求人には、地元の求職者だけではなく、全国各地から応募が集まります。企業や期間工の採用を委託している派遣会社では、面接地や登録会場へ遠方で来られない人のために、電話面接に対応しているところも多いです。

対面式の面接しかしたことがない人にとっては、顔が見えない非対面での電話面接がどういったものなのか、不安になることもあるでしょう。電話面接は、メリットも多いですがデメリットもいくつかあるので、あらかじめ理解しておくとよいでしょう。

期間工の電話面接のメリットやデメリットについて

電話面接のメリットは、自宅などの都合の良い場所で面接ができるため、移動時間が不要な点です。日程調整もしやすいため、早期に面接を実施することもでき、採用までの流れがスムーズになるでしょう。反対に電話面接のデメリットは、声だけが頼りのやり取りになるため、声が聞き取りにくいと感じたり、相手が話している途中で話しかけてしまったりと、コミュニケーションが取りにくいと感じる場面もあるという点です。ですから、いつも以上に丁寧に会話をし、ハキハキと明るいトーンで話しをすることが大切です。そして、面接の担当者に顔は見えなくても、姿勢を正しくして、しっかりとした言葉づかいで対応し、良い印象を持ってもらえるように努力しましょう。

期間工とは正式には「期間従業員」のことです。自動車工場や部品工場などの製造業で、働く期間をあらかじめ決めて契約するのが特徴です。企業と直接契約するため福利厚生を受けられます。