ドライバーの仕事にはどれくらいの種類があるのか


最も知名度があるトラックドライバー

運転が好きな人にとって、ドライバーの仕事は魅力的といえます。ただし車種によって様々な仕事があるため、どんな仕事があるのか確認してから応募することが望ましいでしょう。ドライバーの仕事として最も知名度が高いのは、トラックドライバーでしょう。トラックの車種によって配達ルートや配達する物が大きく異なりますが、基本的には運搬する仕事であることは確かです。大型トラックの場合には日本全国を運転することになりますが、中型トラックの場合は県内や都内といったある程度限定された地域になります。小型トラックの場合にはさらに限定された地域となり、ルート配送や宅配品の配達まで業務は様々です。自分一人の時間を満喫して働くことができるのがもっとも大きなメリットであり、その分自己責任もある仕事であるといえるでしょう。

トラック以外にも多彩なドライバーの仕事がある

タクシーやバスの運転手も忘れてはなりません。タクシーやバスの場合、地域の人々の足となって移動する仕事です。中には身体が不自由な人や高齢の方をの移動をサポートする仕事となることもあります。仕事を的確に行えるようにするためには、定期的に社内の講習に出席して最新のマナーを学ぶことです。2種免許を取得していない人でもサポートが充実している所が多いため、安心して働けます。それ以外にも旅館や介護施設の送迎や会社の重役の送迎、さらに酔った人を自宅まで送り届けるための代行ドライバーなどもドライバーの仕事の一つです。レンタカーを掃除して駐車場まで運ぶ仕事などもあるため、募集を見て自分に向いている仕事を選んでください。

大阪のドライバーの求人は、トラックドライバーの場合、会社の所在地が大阪であっても、配送先が関東エリアというものや勤務が夜間というものがあるので注意が必要です。