タクシードライバーが未経験の人の求人選びのコツとは


タクシー業界は未経験でも採用されやすい

タクシー会社は、未経験の人に手厚いサポートを設けている所が多く、他の業種よりも中途採用がされやすいという特徴があります。また、業界は人材不足が蔓延しており、未経験者歓迎の求人もたくさんあるので、初めての人でも挑戦しやすいでしょう。しかし、タクシー業界は実力主義の世界なため、会社選びを適当にすると、後々困ることも出てきます。未経験者は、稼げるようになるまでしっかりサポートしてくれる会社に就職することが大切です。

資格の取得費用を会社が負担してくれる

タクシードライバーとして働くために必要になる資格には、運転免許の他に、二種免許というものが必要になります。二種免許は、お客さんを乗せて運賃をもらう仕事に就く「バスドライバー」や「タクシードライバー」に必ず必要になるものです。未経験者の場合、まずは資格を取得する必要がありますが、取得費用は25万円から40万円程度かかってしまいます。未経験で二種免許を持っていない人は、取得費用を全額会社が負担してくれる求人を選ぶと、費用をかけずに免許取得を目指すことができます。

研修制度がしっかりしている

タクシードライバーは歩合制という給与体系を採用しているため、業務に慣れていないと給与が安定しない可能性があります。タクシードライバーとして、短期間で稼ぐためのノウハウを身につけるためには、研修制度が充実しているということが大切になります。未経験で挑戦するならば、手厚い社員研修を設けている会社の求人に応募してみましょう。また、未経験だとどうしても初めのうちは給料が安定しないので、研修期間中も給料がもらえたり、給与保証の期間が長かったりする会社を選ぶようにすることも重要になります。

一般的にドライバーの求人は長時間の労働というイメージがあるかもしれませんが、実は自分の裁量で時間を選択することができる職場も多く、職員が働きやすい環境を整備する会社が増えてきました。